友人関係 8000円

大学2年生の頃、仲の良い友達がいた。その当時の最先端のアンドロイド端末やパソコンの知識が豊富で、学科で上位をキープをしており、普通に話す分には面白いし気さくな奴だったのだが、お金をとことん趣味に回してしまう人で、ある日「1000円貸してほしい」と言われた。まあ、それぐらいなら問題ないだろうと思い、「何月までに返せる?」と聞き、ちゃんと期限を設定させて貸した。そして、期限にきちんと返ってきた。そこまでは問題なかったが、後日「2000円貸してほしい」と言われ、返された信頼もあったので貸した途端そこから自体は一変。「調剤薬局が新宿にあって、行くからあと1000円貸してほしい」「もう1000円貸してほしい」と何度も言われ、なおかつ貸したお金は返ってこず…。
ついに貸した金額が8000円に達し、貸すたびに聞いていた期限をどんどん超過するので、給料日と思しきタイミングに突撃し、そろそろ金返せ!と本気で怒った。すると、「いいよ、わかったよ、返せばいいんだろ!」といった態度をとられ、無理やり押し付けられるような形で返されその日は終わった。
その後、彼とは全くと言っていいほど話さなくなり、大学院までお互いに進んだが、会話したのはランダムでペアになる機会がある講義中に偶然当たり、事務的な会話を下のみだった。やはり、どれだけ表面上良いやつだったとしても、お金が絡んでしまうと人間関係が壊れかねないのだな、と実感した。たった8000円のやり取りなのに…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です